たいせつな1回目を担当ということが重荷でしたが、
なんとか明るく船出できたかなと喜んでいます。

小出 裕章さんとの話しの中で自然発生した「暗闇をご一緒に」というイベント、
実現できたらいいなと思いました。

スポンサーなし、
これがなにより魅力ですね!