記念すべき第一回目のゲストとして軍事評論家の前田哲男さんに来ていただきました。講演会のために来阪された時(交通費が浮きます!)を見逃さず、ピンポイントで収録しました。

あらためて「なるほど!」と感じたのは、「日米ガイドラインが先で戦争法が後」ということ。そういえば安倍首相は2015年4月末に渡米して、米国議会で「いつでもどこでも自衛隊を海外へ派兵させる」と約束していたのでしたね。
あの時、首相の持つ英語のペーパーに日本語で「顔上げ、拍手促す」などと書いてありました。カンペです。首相演説の評価は、ウォールストリートジャーナルが「まるで中学生の英語スピーチ大会のようだった」と書いています(笑)。
でも笑い事ではありませんね。国民の意見も聞かず、国会の審議もまだなのに、米国議会で「夏までに決めます」と約束していたのですから。

前田さんがおっしゃるように「まず対米約束ありき」で強引に進められた戦争法。こんなものは廃止しかありません。夏の参議院選挙で、戦争法に賛成した議員さんはすべて国会から去っていただきましょう。

市民のための自由なラジオLight Upでは、今後も反戦、脱原発を基本テーマに、発信し続けたいと思います。よろしくお願いします。