電話インタビュー:今中哲二さん
聞き手:矢野宏

矢野宏:
さてここからはLight Up! Journalです。今日は今中哲二さんと電話が繋がっています。今中さん?

今中哲二:
はいはい。

矢野宏:
よろしくお願いいたします。

今中哲二:
こちらこそ。

矢野宏:
東京電力柏崎刈羽原発6・7号機に向けた審査で原子力規制委員会は定例会で東電が原発を運転する適格性について議論し条件付きで認めました。本日は柏崎刈羽原発の適合を受けて東電に原発を動かす資格はあるのかについて今中さんにお話をお伺いします。
それでは早速ですけれども、この東京電力柏崎刈羽原発が適合とされることの意味とはなんなのでしょうか。

今中哲二:
まず最初の印象としては、原子力黄瀬委員会と言っていますけれども、なんとなくもう原発再稼働委員会という認識になってきましたよね。

矢野宏:
そうですね。次々にもう認めてますもんね。

今中哲二:
そうですね。何かもう再稼働を認めるためにあるような委員会になってきたような気がしますね。

矢野宏:
本来ならブレーキを持ってなくてはいけないのに、アクセルばっかりふかしている感じがしますよね。

今中哲二:
今回はちょっと引っかかるものがあって、適格性なんて聞いたことのない言葉が出てきましたよね。新聞なんか読んでると東京電力に原発をやる資格があるのかどうなのかという話みたいですよね。資格がないっていうことをいうのならわかりますけどね、規制委員会が資格があるなんてことを言ってもらったらちょっと困るなあというか、規制委員会が決める話じゃないですよね。

矢野宏:
そうですよねえ、これは。

今中哲二:
原発事故の後始末はまだきちんと済んでいませんし、廃炉もいつまでかかるか分かりませんしそんな人たちに適合・的確ですなんて言ったらちょっとあんまりじゃないかと気がします。

矢野宏:
今もたくさんの方が故郷を追われているわけですからねえ。

今中哲二:
はい。もう安全にやるように頑張りますというんで認めたようですけれども、私からすると大変な交通事故を起こした運転手が事故の後始末もきちんと済んでないのに「いや、わし別の車持ってるからちゃんと運転するわ」、「はい、どうぞどうぞ」というような話に聞こえますよね。

矢野宏:
おっしゃる通りですよね。私たちが特に心配するのがこの福島第一原発の事故と柏崎刈羽原発の事故が同じ形であるということですよね。

今中哲二:
そうですね、はい。

矢野宏:
沸騰水型ということですよね。これについても私びっくりしたんですけど、これ適合が認められると初めてのことになりますよね。

今中哲二:
そうですね、はい。

矢野宏:
この危険性というものはないんでしょうか。

今中哲二:
BWRの方が炉心溶融事故なんかにより弱いぞと、そういう話になっていたので実際福島は全部BWR型であったわけですけれども。

矢野宏:
沸騰水型ですね。

今中哲二:
はい。それでまあ色々な問題があると思いますけれども、基本的にBWRの方が安定性はPWRに比べると低いんだろうという気がしますね。

矢野宏:
これまで事故の後ですね、国内のすべての原発が停止して2年近くの原発0の時期を経て、今3原発5基が今再稼働しているわけですよね。
これでまた再び柏崎刈羽の東電の原発が再稼働するということに対してやっぱりちょっと不安ですよね。

今中哲二:
新潟県の米山知事さんは慎重な姿勢を見せているのでそう簡単に再稼働に行くとは思っていませんけれども、東電がやっぱり考えるべきことというのはやっぱり東京電力としてこれからどうやって原発なしでやって行くのかということをきちんと考えていくべきだと思いますよ。

矢野宏:
いつまでも原発に頼っていてはダメだということですよね。

今中哲二:
そうです。今この機会に、また、いわゆる高レベル廃棄物の問題も解決していませんし、電力会社なり我々の社会がやらなければいけないのは、これ以上高レベル廃棄物を増やさないという条件の元で、結局いかに原発を無くしていくか、そのためのやり方・ロードマップみたいなものをきちんと出していくというのが大事なんだろうと思います。

矢野宏:
そうですね。これまで損害賠償とか除染の費用なんかも自力で工面できてないですよね。

今中哲二:
そうですね。

矢野宏:
で、保証にしてもどんどんどんどん切り捨てている。そんな企業が新たに原発を動かす資格がとてもあるとは思いますよね。

今中哲二:
思いますね。

矢野宏:
どうしてもこれは経済性を優先させるということなんでしょうか?この安倍政権は。

今中哲二:
経済性というか電力会社にとっての経済性ですよね。

矢野宏:
ああ、電力会社の。

今中哲二:
我々日本全体なり国民全体にとっての経済性ではないと私は思っています。

矢野宏:
東京電力を救うために動かさないとお金にならないということですよね。

今中哲二:
そうですね、はい。

矢野宏:
で、一方のこの原子力規制委員会ですけれども、先ほど先生が仰ったように、どんどん心変わりしていますよね。これどうしてぶれているんでしょうか?

今中哲二:
もう私自身は、日本政府の方針が結局安倍政権になってから原発を基盤電力として使うという方針になりましたから、やっぱりそれに従って動いているんだろうと思います。

矢野宏:
なるほど。

今中哲二:
やっぱりその辺を我々がなんとかして変えていかなきゃいけないんだろうと思います。

矢野宏:
今度インドにも輸出するとそういった形で、もう福島第一原発の事故は終わったんだというような、そんな空気を醸し出してるような気がしますよね。そんな役割を原子力規制委員会が担っているような感じがしてならないですね。

今中哲二:
はい。

矢野宏:
じゃあ私たちはどうすればいいのでしょうか。先生、最後にこの問題について。

今中哲二:
やっぱり最近新聞を賑わしているのはもうすぐまた総選挙をやるとかいっていますよね。やっぱり原発に賛成する国会議員は一人でも減らしていくということだと思います。

矢野宏:
なるほど。わかりました。
原発推進の議員は絶対に当選させないという熱い思いが私たちには必要だということですね。わかりました。
今中さん、どうもありがとうございました。

今中哲二:
どうも。

矢野宏:
以上、Light Up! Journalでした。