木内みどり:
私にはちょっと苦手な質問なんですけれども、こういう事です。聞いて下さい。
安倍総理が核安全保障サミットで演説をしました。そこで、こういう発言をしました。
「東京電力 福島第一原子力発電所での事故を踏まえ、日本は二度とあのような事故を起こさないとの決意の下、原子力の平和的利用を再びリードするべく歩み始めた。」と言ったんですね。
これ、再稼働推進を宣言したということですよね?

小出さん:
はい。

木内:
これ、どういう風に受け止められますか?

小出さん:
はい。まあ、今、つい笑ってしまいましたけれども、日本が原子力の平和利用をリードしてきたなんていう歴史は一度もありませんし、世界最悪の原子力発電所事故を起こして、それを終息することも出来ないまま放射能を世界中にまき散らし続けている張本人なわけですから、少しは事実を見るべきだと思います。

木内:
はい。日本は二度とあのような事故を起こさないとの決意の下、そういう風に決意したっていうことなんですよね?

小出さん:
もともと原子力発電所の事故なんて絶対起こさないと彼らは言い続けてきたわけですけれども、それでも事故を起こしてしまったわけで、まずは、それをその事故を終息する、或いは責任を取って一人一人刑務所に行くというようなことぐらいから始めるべきだとは思いますけれども、そんな事を一切しないまま、ほうかむりをしてしまおうとしているわけです。

木内:
また、これを当たり前のように、この言葉を報じる報道。そして、当たり前のように受け止めてしまう私達にも問題があるっていうことですよね?

小出さん:
もちろんそうですし、国民はずーっとだまされ続けてきたのです。原子力というのは平和利用なんだし、安全なんだし、安いんだし、巨大な事故なんて決して起こさないんですと、ずーっと国は言ってきたし、マスコミもそれだけを流してきたし、教育の場でもそうやって教育をされてきたわけですから、ほとんどの国民がみんなだまされ続けてきてしまったのです。
でも、福島第一原子力発電所の事故が事実として起きたわけですから、せめて目を覚まさなければいけないと私は思います。

木内:
安倍総理にも問題があるけれども、私達にもかなり深く問題があるということを自覚した方がいいですよね?

小出さん:
はい。国民一人一人もそうですし、重い責任があるのはマスコミだと私は思います。
ずーっと原子力が安全だと宣伝を流し続けてきたわけですし、今でもまたそういう宣伝に戻ってしまおうとしているわけで、マスコミの一人が充分自覚して、キチッとした報道をしてほしいと願います。

木内:
小出さんの先日の松本駅前でのスピーチを私は動画で見ました。

小出さん:
ありがとうございます。

木内:
はい。力強くてビックリしました。

小出さん:
いえいえ、とんでもない。

木内:
いや、それでね、選挙には関わらないとあれだけおっしゃっていたのに、野党統一候補の方の応援にいらして、ますます小出さんの怒りは深いなって、力強いなっていう感じがしました。

小出さん:
はい。もう怒りがどんどんどんどん溜まってきてるもんですから、ついつい発言をしてしまいます。

木内:
やっぱり、それで大手メディアは全く報道をしませんけれども、これを聴いていらっしゃるリスナーの方、どうぞどうぞ小出さんの声をこの自由なラジオでももちろん聴けますけれども、そうやってYOUTUBEなりインターネットで検索すれば小出さんのどこかで発言したことが、小出さんお嫌でしょうが、必ず、動画YOUTUBEに上がりますので、それを。

小出さん:
はい。嫌ですけれども仕方がないと思います。

木内:
嫌でしょうねえ。私、ほんとに時々思います。嫌だろうなあって。人の前でしゃべったことは必ず拡散されてしまうっていう、ほんとに特殊なお立場に立っていらして、申し訳ないなあと思いながらも追いかけてしまう私達でした。宜しくお願いします。

小出さん:
こちらこそ、宜しくお願いします。

木内:
はい、ありがとうございました。1回目、何とか無事に終えました。ありがとうございました。

小出さん:
はい、ありがとうございました。

木内:
はい、さようなら。