2017.11.14

085

虚構の多数を占めたアベ政権、今後の政局を占う

PERSONALITY

西谷文和(ジャーナリスト)

GUEST

松竹伸幸さん(ジャーナリスト・かもがわ出版編集長・自衛隊を活かす会事務局長)

■メインテーマ:「虚構の多数を占めたアベ政権、今後の政局を占う」

 10月22日に実施された衆議院議員総選挙において、自民党は圧倒的多数を獲得し、盤石の体制を維持しました。安倍一強体制の打破を目指した希望の党は終盤失速。ともに戦った民進党はまさに空中分解。よもやの立憲民主党野党第一党躍進。野党統一ができるのかに多くの関心を集めましたが、出た結果は全くの逆目。今回は、ジャーナリストで、かもがわ出版社の編集長、自衛隊を活かす会の事務局長でもある松竹伸幸さんをゲストに迎え、「なぜ野党統一ができなかったのか?小選挙区制の下での与党圧勝について」、また、「現実味を帯び始めた憲法改正、自衛隊をどう位置づけるのか?」についてもお聞きします。


■Light-Upジャーナル:「総選挙で自公圧勝後の原発再稼働はどうなる?」

 衆院選の争点は数々ありましたが、忘れてならないのが原発再稼働問題だったはずです。ところが、自公連立政権圧勝という結果になったことで、国民は原発を将来に渡って使い続けることにも許可を出したことになるのでしょうか?今回は、「総選挙、自公圧勝後の原発再稼働はどうなる?」について、今中さんに伺います。


■ニュースの歩き方:「クルド独立問題」について

 ジャーナリスト西谷文和が世界の「ニュースの現場」で、見てきたこと、聞いてきたことを、分かりやすくお届けする「ニュースの歩き方」。今回は、言葉は聞いたことがあっても、なかなか説明が難しい「クルド独立問題」を取り上げます。そもそも「クルド独立問題」とはどういう問題なのか?現場の状況はどうなっているのか?各国の対応は?中東取材が専門の西谷文和ならではの実情をレポートします。