2017.8.22

073

笑いの源泉は権力を持つ者への風刺

PERSONALITY

西谷文和(ジャーナリスト)

GUEST

笑福亭竹林さん(落語家)

■メインテーマ:「笑いの源泉は権力を持つ者への風刺」

 時代の右傾化によって、官僚もマスコミも権力者の顔色を伺い、「忖度」というような言葉が実しやかに囁かれるようになると、懸念されるのは「笑い」の文化です。それは「衣食住」に匹敵するほど、人間にとって根源的なものなのです。そう主張するのが、今回のゲストである落語家の笑福亭竹林さんです。番組では、元大阪府知事・大阪市長の橋下徹氏から安倍内閣総理大臣まで、権力と笑いの重要な関係性について、西谷文和がインタビューします。

■LIGHT−UPジャーナル:「核ごみ最終処分場“適地”地図を発表」について

 原発で使い終わった核燃料から出る「核のごみ(高レベル放射性廃棄物)」をめぐり、経済産業省は7月28日、最終処分場を建設できそうな地域を色分けして示す地図「科学的特性マップ」をホームページ上で公開しました。政府は、この地図で何を伝えたいのか?今回は、政府が発表したこの「処分場候補地図」から見えてくる「核のごみ」について、今中さんに伺います。

■ニュースの歩き方:「イチから分かるアラブ・イスラム問題」

 日々の新聞やテレビなどを見ても、「アラブ」「イスラム」という言葉を目にしない日はありません。ところが、それが具体的に何を指し意味するのかを説明できる人は稀です。今回の「ニュースの歩き方」は、長年、中東諸国を取材してきたジャーナリスト西谷文和が、その違い、および、なぜ中東で戦争が続くのか、また、トランプ大統領になって、中東はどうなっていくのか、等について解説します。