2017.6.13

063

日本の人権の危機を国連に通報した!
デビッド・ケイ氏が日本に来る
きかっけを作った藤田早苗さんを迎えて

PERSONALITY

おしどり

GUEST

藤田早苗さん(英国エセックス大学人権センターフェロー)

今回のおしどりのラジオアクティブのお客様は、英国エセックス大学人権センターフェローの藤田早苗さんです。藤田さんは、特定秘密保護法を、その成立前に英訳して国連に通報し、その危険性を国際社会に知らしめるという、大きな仕事をされた方で、国連の特別報告者のデビッド・ケイ氏が日本に調査に訪れるきかっけを作った方です。

藤田さんはどのような思いで、日本の現状を「危機的」と判断し、そして国連に通報したのか、また、あまたある通報の中で、藤田さんの指摘を見逃さなかった国連に対して、どのような協力を日々続けておられるのか?じっくりとお話しを伺いました。

番組後半では、藤田さんが、5月3日ジャカルタで開催された「国連世界報道自由デー」に参加したときのお話しを伺いました。日本ではよく知られていないこの大切な日、毎回日本人はほとんど参加しない中、世界の気高いジャーナリストたちの勇気ある活動を通して国際社会の報道の自由と知る権利という人権に対する意識の高さを感じるイベントだそうです。

今は戦火がない意味で平和?な日本において、少しずつずれていっている人権感覚が、気が付けば取返しのつかないことになっている、そんなことになってはいないか?国際社会を鏡にしっかり目を見開く必要がありそうです。リスナーの皆様にとって、今回の番組がそのきっかけとなればと願っています。

<Light Up!ジャーナル>
「脱原発先進国と日本は何が違うのか?」
電話インタビュー:小出裕章さん(元京都大学原子炉実験所助教)

脱原発に舵を切ったドイツ、台湾と取材をしてきたおしどりと小出裕章さんの聞き逃せない対談です!世界中が原発から離れていく中で、なぜ日本だけが再稼働を続けるのか?根本的な疑問に迫ります。