2016.5.24

008

本当に可能か?戦争法の廃止

PERSONALITY

西谷文和

GUEST

岡野八代さん(同志社大学大学院教授)

 日本国憲法が1947年5月3日に施行されてから先日69年目の憲法記念日を迎えました。また11月には、憲法公布から70年の節目も迎えます。戦争法制定をめぐっては、国民の反対運動が広がっており、7月の参議院議員選挙での国民審判に注目が集まっています。今回は、現在政治思想から考える戦争法の問題点と、立憲政治を取り戻そうとする関西市民連合について伺います。

■LIGHT−UPジャーナル「地震で揺れた川内、伊方、ほんまに大丈夫なの?」

 4月、マグニチュード7.3、最大震度7を記録した熊本地震。気象庁は「これまでに類を見ない活発な活動が広域に起きており、震源域は東日本大震災より広い」と指摘するなど、予断を許さない状況です。そこで何より気になるのは、地震が国内最長の断層系である「中央構造線」沿いに広がっている点です。このまま行けば、この断層沿いにある、川内原発、伊方原発が大地震の直撃を受ける可能性も否定できません。今回は、今中哲二さんに、川内原発と伊方原発は大丈夫なのかについて、お話を伺います。