2016.4.1

001

祝第1回!
小出裕章さんとともにLight Up!
3.11から6年目の日本

PERSONALITY

木内みどり

GUEST

小出裕章(元京都大学原子炉実験所)
西谷文和(ジャーナリスト)
いまにしのりゆき(ジャーナリスト)
矢野 宏(ジャーナリスト)

市民のための自由なラジオ“Light Up!”記念すべき第1回のパーソナリティは、女優の木内みどりさんです。そしてメインゲストには、木内さんが3.11以降ずっとその発言に耳をそばだて、今も注視しつづけているという、元京都大学原子炉実験所助教の小出裕章さんです。

番組冒頭では、まず同じくこの番組のパーソナリティをつとめる3人のジャーナリスト、西谷文和さん、いまにしのりゆきさん 矢野宏さんにも入っていただき、“Light Up!”の可能性について大いに語ります。ラジオ・フォーラムに引き続き、市民ひとりひとりが自由に発言できる、開かれた番組にしていこうと誓い合いました。

前半その後は、いよいよ小出裕章さんの登場です。毎日放送の「たねまきジャーナル」から「ラジオ・フォーラム」へ、そしてこの番組と長きにわたってご参加いただいています小出さん。権力やスポンサーなどのすべての圧力から無縁である私たちの市民活動に対して、「本当にありがたい」とおっしゃっていただけました。

番組後半では、小出さんと3.11からの5年を振り返りながら、日本の政治やメディアが直面する課題を見つめます。不眠不休で対応にあたった2011年からの記憶から、統制されたり隠蔽されたり都合よく切り取られたりする情報が渦巻く日本において、これから市民が本当のことを知るためにはどうしたらいいのか、について考えます。

そして最後は、バリから帰ったばかりの木内みどりさんが、そこで体験した漆黒の闇、神秘な儀式を目の当たりにして考えた自然に生きることの意味、そして文明社会の方の「闇」について、小出先生と語り合いました。

*今回のLight Up ジャーナルは、小出裕章さんがゲストですので、全体を拡大版という位置づけにさせていただきました。